スポーツ観戦で生きろ!~ヲタク脳人間の世界〜

プロ野球と男子バレーボール観戦で生きている人の雑記ブログです。

【FC東京VB】町田市立総合体育館でVリーグの試合を見てきたよ!【サントリーサンバーズ】

みなさん、こんにちは。あいるです。2020-21シーズンのVリーグが終わって久しいこのときに、こんな記事を投稿するというね(笑)。まあ、シーズンの振り返りということで、おゆるしを…

早速ですが、今回の記事は、わたしのバレー観戦記です。2021年3月14日に町田市立総合体育館で開催されたFC東京サントリーサンバーズの試合を観戦してきましたので、その様子についてレポートします。昨年書いた記事のように、体育館の評価もしてみたので、今後のバレー観戦の参考にしてくださいませ。

 

 

町田市立総合体育館について

わたしが過去に書いた、 Vリーグ2019-20シーズン 観に行った体育館のまとめ という記事で体育館の評価をしたのですが、これに沿って体育館の評価をしていきます。

①体育館の立地やアクセス・②試合の見やすさ・③椅子の座り心地・④写真の撮りやすさ・⑤アリーナ席の段差 の5つの観点から5段階で見て行きます。繰り返しますが、この評価はあくまでも私見です

f:id:isleJP4:20210531205351j:plain

2021.03.14訪問

  ①立地・アクセス:★★★★☆

  ②試合の見やすさ:★★★★☆

  ③椅子の座り心地:★★☆☆☆

  ④写真の撮りやすさ:★★★★☆

  ⑤アリーナ席の段差:サイド側のみあり

~解説~

①最寄り駅はJR横浜線成瀬駅。東京や神奈川の各地をつなぐ長津田駅から1駅で、東京方面からのアクセスは良好です。成瀬駅からは徒歩10-15分程度。住宅街のなかを歩くので、大きな声で話しながら歩くのはやめようね。

②今回は2回のスタンド席から観戦しました。そこまでキャパの大きい体育館でもないため、2階席からでも見づらいと感じることはありませんでした。

③スタンド席はプラスチックの椅子で、1階のロールバック席は木の椅子です。つまり大田区総合体育館の椅子と同じです。覚悟してください。

④照明は明るめで、写真は撮りやすかったです。ただ、2階席のところまで照明が点いていなかったため、2階席からISO補正機能が乏しいカメラで撮影するのは難しいかもしれません。

⑤サイド側はロールバック席で、エンド側は急造のパイプ椅子です。今季はコロナ禍で座席の間隔が空いていたので少しは見やすかったかもしれませんが、来季以降のエンド席はどうなるか分かりません…

 

ここからはわたしの観戦記になります。

体育館まで行くぞ!

電車で成瀬駅まで行ってから、いざ体育館へ。途中で長津田駅にも寄りましたが、駅ビルがあったので便利でしたね…わたしはあんまり神奈川の方まで行くことが少ないので、新鮮な気分でした。あと、わたしは埼玉県民なので、「町田ならすぐに行けるやろ!」と勝手に考えていましたが、電車で行くときに川崎や横浜を経由したことにとても驚きました。ちょっとだけ、『神奈川県町田市』とネタで言われる原因が分かったような気がします(笑)。

 

体育館に入場したぞ!

新型コロナウイルス感染防止のため、検温と消毒を済ませてから入場マスクは必須ですよ。基本体育館内は飲食禁止だったので、水分補給のための飲み物を飲むとき以外はなるべくマスクを外さないようにしていました。コロナ禍で野球(屋外球場)は観に行ったのでなんとなく勝手は分かっていたのですが、屋内競技は初めて行ったのでなかなか慣れませんでしたね。途中で空気と気分が悪いことが分かったので、試合中にロビーに出て気分を落ち着かせていました。換気が悪いと新型コロナウイルスに感染するリスクが高くなるので、気になる人は屋内競技の観戦を控えたり、試合中でもロビーや体育館の外に出たりしたほうがいいですよ。

試合前は、フォロワーさんにご挨拶に行ったり、カメラのテストを兼ねてアップ中の選手の写真を撮ったりしていました。

f:id:isleJP4:20210531205428j:plain

体育館のロビーには、FC東京の選手パネルが!

 

サンバーズさん、なんかいつもと違う問題

そうこうしているうちに試合開始。第1セットから第2セットを見ているとサントリーサンバーズさんの何かがおかしい。あっという間にFC東京に2セットを先取されてしまいます。よ~く見てみると、なんかディマさん(ムセルスキー選手)しかアタックを打っていない。ハルキマン(小野選手)のクイックもいまいち決まらない。守備もいまいち。「オイオイ、急にどうしちゃったんだサンバーズ!!昨日は快勝だったのに~!!!」と心の中で叫びながら観戦していました。

実はいつもわたしがお世話になっている「Vリーグデータ部」の部長ことたつろーさんが、「FC東京はまるで2日目のカレーのようなチームだ」と例えていました。言い得て妙だな、って思いました。

 

第3セット以降は…?

しかし、わたしが心配していたサンバーズはここまで。第3セット以降はいつもの強いサンバーズのプレーを見せてくれました。2020-21シーズンのサンバーズは、ほぼ全員の選手が強烈なジャンプサーブを持っていて、マサくん(柳田選手)のバックアタックやハルキマンのクイックなど多彩な攻撃で得点を奪い、ブロックで確実にシャットアウトできるチームでした。そのサンバーズの強さが存分に発揮された結果、華麗に第3・4・5セットを奪取。あっという間に逆転勝利を掴んでしまいました。いやあ~、強かった。

こちらがわたしが試合後につぶやいた、この試合のまとめです。このツイートに、この日の試合のポイントが詰まっていると思います(自画自賛)。

f:id:isleJP4:20210531205511j:plain

試合後半は、サンバーズの選手たちにも笑顔が出てきました!

 

さらば町田…

試合終了後はうっかりフォロワーさんたちと出会い厨をキメていました。会食はしていないのでご安心を。今回の町田大会はアウェイチームのグッズブースが無かったため、サンバーズのグッズを買うことができなかったことが残念でした。あと、電車で川崎市横浜市内を通ったときに、初めて自分のスマホ5Gの電波が入ったので感動しました*1

以上、帰りの長津田駅崎陽軒シウマイ弁当を売っていたので、買って帰ればよかったな~なんてちょっと後悔したあいるでした。崎陽軒のシウマイ*2、結構好きなんですよね…。

f:id:isleJP4:20210531205933j:plain

勝ったあとは勝利の儀式(?)!

似たような観戦記はこちら

選手の紹介記事だけでなく、実際にわたしが現地で観戦した試合の観戦記もよく書いています。よろしければご覧ください。

isle08.hatenablog.jp

isle08.hatenablog.jp

isle08.hatenablog.jp

 

*1:わたしの生活圏内はまだ5G対応エリアではないので…

*2:決してシュウマイではない